自動二輪免許教習の日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動二輪免許教習の日々

普通自動二輪免許を取得する為に切磋琢磨していた頃の思い出

教習13日目

2013-09-06 12:50

シミュレーターその2。


公道を体験!
噂に名高い人を轢きまくるシミュレーターか……。
ビビりながら発進。

結果から言うと大惨事でした。

早速救急車にカマほられる。
右折しようと右に寄せてる時、救急車が中央線またいで爆走してくるのに気がつかなかったようだ。
よりによって救急車に殺されてどーすんねん……。

気を取り直してもう一回。
停車中のバスが発進しようとしかけているのに気がつかずぶつかりそうになる。慌てて右レーンに回避。
ヒイイイイ!!
実車だったら転んでたわ!!

周りをよく見ながら行こうと2速で走っていると3速にどんどん入れていってね、と注意される。
い、いいじゃないどうせ大体40キロ規制なんだし……。
……って思ったけど私こそそれじゃ原付でいいんじゃ……。

公道は恐ろしい。

教習終わりにブレーキのかけかたで注意される。
確かにめっちゃガタガタしてた。
「ポンピングブレーキを意識して、しっかりとクラッチを握ってね」だそう。
前回シミュレーターの時は結構うまい事止まれてたのになぁ、やっぱり周りの交通があるとビビっちゃうなぁ。
第二段階からは急制動もあるし、そこでキッチリ練習しておこう。

バイクで公道でる前にもうちょいマメに自動車とか原付とか自転車とか乗って感覚を養わないとな……。

広告を非表示にする

教習12日目

2013-09-05 15:40

みきわめ

 

やってきました第一段階みきわめ!
今日も前の時間に大雨が降り、コースが水たまりだらけだから気をつけてね、と教習前に言われる。
とりあえずコースにでてみると一時停止必須の見通しの悪い交差点と一本橋の入口が水没している。池かな?
水たまりには違いない、違いないけど……。

 

見極めスタート。
乗り降りの時の後方確認を過剰じゃねーかってくらいしながら乗車、発進。


一本橋、とくに問題なし。


クランク、とくに問題なし。


水没している交差点、足をつくと靴下までビチャビチャになる。余談であるが私の履いているブーツは本革である。ちょっといい値段がするんだけど、革靴はそれしか持っていなかったのだ。ガッカリ。


S字、とくに問題なし。


坂道発進、発車に失敗、エンスト。な、なんでや……。
なんでエンストしたのか全く分からないままあわててエンジンをかけ発進。ギアをNに入れる時に少し下がってビビったけど1メートル以内だからセーフかな、それともエンストしたら即アウトかな……。


スラローム、車体を傾けるのに躊躇するもパイロンをなぎ倒すことなく通過。女は度胸! はどこへいったのか。


出発地点に戻り、過剰に後方確認して降車。

どーだ! エンストしたけど転ばなかったぜ!
ちょっと自信あるぞ! よりによって坂道でエンストしたけど!
なんて余裕ぶっこいてたらクランクでパイロンにかすったことを指摘される。
き、気づかなかった……。
みきわめだからいいけど検定だったら即中止だからね、だそうで……。

 

残り時間で復習。
一本橋に乗るのに失敗して大変恥ずかしい思いをする。

 

教習終了。
担当じゃなかった教官が「今日は例の水没した交差点は徐行でいいよ~あんなとこ誰も止まらないよ~」みたいな話をしている。
さ、先に言って下さい……。

 

なんとか3時間オーバーで第一段階終了。
第二段階はシミュレーターばっかだから転ばなくてすむぜ!
バイクに乗れないのはそりゃもう、残念だけど……。

 

広告を非表示にする

教習11日目

2013-09-04 15:40

 

坂道発進


課題コースで今まで素通りしてた坂道で停車、発車するのが本日の課題。


前の時間に強い通り雨が降ったので、路面が濡れてて水たまりだらけ。
滑るのやだな〜なんて2速中心でゆったり走っていると、お前自転車かよ!と注意される。

 

一本橋を悠々と通過。

 

クランク

前に転んだ場所と同じ場所で転ぶ。
引き起こし練習のチャンス! えーい! 起きない。後ろを走っていたお兄さんが起こしてくれる。
お兄さん私より後から入所したっぽいのに……ほんとすみませんトロくさくて。
視線が悪くて方向転換が遅れたのと、リアブレーキが上手く使えていなかったことを反省。
最近自転車ばかり乗っていたからついフロントブレーキを握ってしまう。気をつけないと。

 

クランクでの失敗を踏まえ視線に注意してS字をスムーズに通過。出口でウインカーを出し忘れていたらしい。

 

問題の坂道。
ギアをローにいれて途中で停車。リアブレーキをしっかりと踏んだままアクセルを開いてクラッチを繋ぐ、エンジンの音? が変わったらリアを離す、というのが一通りの手順。忙しいな……。


まずは坂道途中で停車する。立ちゴケする。
発車練習どころか停車が出来ないとはな……。


教官が駆け寄ってきてバイクを起こしてくれる。この教官に当たるのは3回目で、この人だけは私に引き起こしさせようとするんだけど、ついに諦められたらしい。くそー……。

 

再度坂道。今度はスムーズに停車できた。リアブレーキがきっちりかかっているのを確認して前ブレーキを離しアクセルを開く。ゆっくりクラッチを繋ぐと音が変わる。
結構ハッキリと変わるもんだなぁ、振動も伝わってくる。
リアをそーっと離して発車。うまい事発車できた。
AT自動車より楽チンなんじゃないか、もしかして。

 

下ったところでスラローム。バンク出来ないがパイロンをなぎ倒すことはなくなったからまぁ良しかな。

 

とりあえず次に進めることに。次は1段階の見極めだから乗り降りの安全確認からきちんと復習しておくよう言われる。
ミラーの位置合わせるの忘れがちだし、ニュートラルに入れるのも苦手だから気をつけよう。

 

教習終わりに教官に、「いや~随分走れる様になったね、やってみるもんだね」と言われる。
わ、私、やはり問題児だったか……、喜んでいいのか悲しんでいいのか。

広告を非表示にする

教習10日目

2013-09-01 16:32

シミュレーター


冷房のきいた部屋のなんと素晴らしいことか! 半袖でノーヘル! 涼しい!!
転ぶ事が絶対にないから今日はバイクを倒して曲がるのをマイ目標にしよう。

 

シミュレーターの慣らし走行。
他の教習生と3人で練習。私だけエンストする。恥ずかしい。
どうも傾けるのには対応してないらしい。
マイ目標、爆発。
ハンドルで無理やり曲がる。

スピードが出ている状態でカーブを曲がる練習。
まずスピードが出ている状態だとうまい事真っ直ぐ走れない。なんて迷惑なバイクなんだ。
それに実車だったら壁にぶつかって死んでるわコレ……。
自動車の高速教習でもライン踏んでガガガガガッてなったことを思い出す。これがなんとかなったんだから、バイクもなんとか安定して走れる様になると思いたい。

 

急制動体験
空走距離、停止距離、制動距離を40キロ、60キロ、80キロの場合で測定。
ぎゅっとブレーキを握りすぎると転ぶらしい。
教官が試しに転んで見せてくれる。
画面の景色がゆっくりと倒れていって、馬鹿でかい音で「転倒しました」のアナウンス。
こ、これはエンストの恥ずかしさの比じゃないわ……!
あまりの恥ずかしさの前にビビりながら発車。
3回とも転ばなかった! ほ。
しかし初回分の空走距離マイナス2メートルを叩き出し怒られる。
まさかもっと恥ずかしい目にあうとは……。

 

余った時間雑談して終了。
次は坂道だけど自動車免許あるから楽勝だよ~みたいな事を言われる。
自動車免許とるときも坂道がネックだったので今から割と憂鬱なんだよなぁ、ううむ。

 

広告を非表示にする

教習9日目

-
2013-08-31 15:43

 

続続続・課題走行。


今日は風が強い! 台風ふざけんな!
とにかく煽られて転ばないようにしないと。自転車よりも重い分、風の影響は少ないとはいえちょーっとバランス崩しただけでアウトだからなぁ……。
バイクをいつもよりしっかり膝で挟んで発車。
前髪がグサグサ目に入って痛い。要対策だなこりゃ。

 

一本橋
2回落下。
スピードをもっと出していいよとのこと。
下向いちゃいました、と正直に言ったら分かっているなら良しと先に進ませて貰える。

 

クランク
まだ検定先だし、とりあえず通れるようになろう作戦。
目線を外角のパイロンにおくように注意。
速く行こうとせず半クラでタラタラ通過。

 

S字
これも目線を先にやり半クラでタラタラ通過。

 

スラローム
パイロンをなぎ倒しながら通過。
まるで水を切るイルカのようだ!
当然怒られる。
バイクの傾きが足りないからアクセルを開くと起き上がるどころかパイロンに一直線に進んでしまうらしい。
しかし小心者の私にはなかなかそれが出来ない。今日まだ転んでないから、転ばないで終わりたいんじゃ!
タイムは8秒ちょっと。ま、まぁ減点ですむから……。
なんて思ってたら、バンクさせる練習だから傾けないとしょうがないと言われる。確かに。納得。
くそー女は度胸じゃ! 次回はもうちょい倒すぞ!!

 

長々と補習をくらった課題走行もやっっっとハンコが貰えた。今日は転ばなかったしね! エンスト2回くらいしたけど……。
「手が小さいし握力がないからクラッチを握るの大変かもしれないけど、ぎゅっと握ることを心掛けてね」と言われ教習終了。
実は自分でも気になっていて、ここ何日か握力鍛えてたんだけどなぁ。まぁまだ何日かだしなぁ。続けていこう。

 

 

 

 

(※当時バンドをしてたのでこんなん使ってました)

 

広告を非表示にする

教習8日目

2013-08-30 15:41

続続・課題走行。


前回と同じ教習内容だけど、だからこそ注意された所を修正することに集中!
今日こそハンコGETだぜ!!

 

いつもと違うバイクを指定される。
いつものバイクよりアクセルの遊びが広いのはついアクセルを回してしまう私にはありがたい。
ただこのバイク、なかなかニュートラルに入らない……。
まぁここまでニュートラルに入れる機会なんてエンストした時位だし、エンストしないようにすればオッケーかな……。

 

課題走行

 

一本橋
目線を前に、バイクが乗るまではスピードをだして……。
渡れた! 7秒9! やったー!!

 

スラローム
バイクをパイロンの手間でバンクして、パイロンの横でアクセルを開きバイクを立て直すとのこと。
ちんたらやってると教官に後ろに乗るように言われる。
ダンデムでスラローム通過。
えっ、こんなに倒すの?! 怖い怖い怖い!!
変な汗かいたわ、出来るようになるのかなコレ……。
アクセルを開くタイミングに気をつけて何度かスラロームを繰り返す。
途中セカンドに入れようとしたらニュートラルに入る。びっくりしてうっかりセカンドに入れて走り直そうとしてエンスト。お前あんなにさっき入らなかったやんけ!!
でもまぁ時々パイロンに突っ込むけど少しはマシになったかな。膝が開いてることを注意されスラローム終了。あんなに気をつけなきゃ! って思ってたのに開いてたか……。

 

S字
これは大丈夫。はたしていつまで大丈夫のままなのか不安。

 

クランク
s字がスーっといけたから……なんて思ってたら入口右パイロンを吹っ飛ばす。
数々の転倒の際に大変お世話になったエンジンガードだけど、ごめんなさい、ちょっと邪魔です……。
再度クランク挑戦。
さっきの場所は通れた、よし!あとは苦手な左折だ !
ブーン。転倒。アクション映画の爆発シーン並みの動きで草むらに飛び込み回避。教官爆笑。
挟まれたりバイクに振り回されたりしてるから怖いんですスミマセン……。
エンジンガードついててくれてよかった。さっきはごめんありがとう。
教官に手伝ってもらってバイクを起こす。 

 

やっぱりまだ練習不足だからハンコはやれないとのこと。
予定通りいけば今月中に1段階終わるはずだったのにな……。
教習受けまくれるコースにしておくんだった……。

広告を非表示にする

教習7日目


2013-08-29 15:44

課題走行

 

続・一本橋


本当はスラロームとS字、クランクの予定だったんだけど、一本橋から落ちまくっているのを見つかり一本橋特訓。
前回最後はスルーっと渡れたのにな~。何回も繰り返すと出来なくなる傾向がある。

 

一本橋に入るところで左折が下手くそなのが見つかる。
健康ドッグで体の悪いところが次々見つかるのもこんな気持ちなのだろうか……。


ひたすら左折の練習。膨らむ膨らむ。
自動車の左折の時も最初、こんなの神に選ばれし者しか出来ない技だろって思ったけど出来るようになったから、頑張り次第でなんとかなる!……と思いたい。
「膝が開いてるし上半身ガチガチだし視線近すぎるしすぐリアブレーキ踏んじゃうしでメチャクチャだね!」的なことを言われる。
これはきちんと復習しておかないと。
こんなんでクランクとか出来るのかな……。

 

再度一本橋
目線とニーグリップがメチャクチャなことを左折練習中に指摘されたので、それに注意して渡る。
「落ちるくらいなら駆け抜けなさい、落ちると検定はそこで中止だから」とのこと。
7秒には到底届かないスピードで走り抜ける。
最初からゆっくりやろうなんて思ってたのがいけなかったのかな、まずは渡れるようになろう。

 

他の課題走行

 

スラローム
バンクするの怖いけれど、これも視線を前に置くと不思議と安定する。一体どういう原理なのか。意味わからん。
運よく転倒も衝突もなかったけど、アクセルを回すタイミング、戻すタイミングが分からないから調べておこう。

 

S字
一本橋の時と同じ最初は出来るパターン。
スイスイいける。
アレ、意外といけるじゃん! なんて調子に乗ったが最後、曲がろうとした拍子にアクセルが回る。慌ててクラッチを握り、ブレーキをかけ、転ばないように踏ん張る。

踏ん張る。

踏ん張る。

転んでたまるかー!!!!!
「フンッ!!!」とか言ってたと思う。

乙女らしからぬ。恥ずかし!
転ばなかったからまぁいいだろう。教官のおばちゃんドン引きしてるけど、まぁいいだろう。

 

クランク
凄く不思議なんだけど、視線を出口の方に向けると何故か安定する。視線ってほんと大事だなぁ。
左折練習中はどうなることかと思ったけれど、パイロンに接触することなく通過。
……どうせ最初だけに違いない。ビギナーズラックだ。次からが勝負だ。

 

恐らく左折の時アクセルを回してしまうのは上半身が沿っているからなんだろう。
悲しいことに腕が短いんだから、人一倍姿勢には気を使わないと。
教習あとに膝の開きと目線を再度注意される。そんな酷かったか……。
ハンコは貰えなかったけど課題が沢山見つかった。
2時間オーバーか……財布が寒い。

 

広告を非表示にする
ブログランキング・にほんブログ村へ